お見合いの反省点を話し合い、次回につなげる!

お見合いは非常に重要な場面

お見合いで相手に好印象を与えるか、逆に悪い印象を与えるかでは雲泥の差があります。それだけお見合いは重要な場面で、運命を左右する局面と言っても過言ではありません。お見合いをすると、様々な反省点が見つかるはずです。緊張して思うような会話ができないというのも一つのミスですし、うっかり気まずい話題を出してしまい空気が凍るのもミスです。基本的には、相手が嫌がるような話をしないのが大前提です。例えば女性に対して身長や体重を聞くのはデリカシーに欠けていますし、性に関する話もNGです。時間の経過と共に緊張が和らいで打ち解けてくるので、そんな時に思わず失礼な質問を投げかけてしまう場合があります。常に大人の対応が求められます。

数をこなして人を見極める

お見合いは独特な空気が流れているので、最初は緊張します。ただ、お見合いの数をこなすことで緊張が解けますし、流れも分かるので気持ちに余裕ができるのです。その中で明るい人への対応や引っ込み思案な人への対応など色々なことが学べます。人の考え方は十人十色ということを理解して、大らかな気持ちでお見合いするのが最適です。後悔しがちなポイントとしては、お互いに気を使い過ぎて表面的な話で終わってしまうことです。出身地や趣味などを聞いただけで終わってしまうのは物足りないですし、その先もなかなか進展しません。デリカシーに注意して、時には踏み込んだ話をすることも大切です。より良い出会いを求めたい気持ちは相手も同じなので、積極的な態度を維持しなければいけません。

© Copyright Marriage Counseling Service. All Rights Reserved.